AREA 021
Featuring AlphaScript

AlphaScript講座

ここではAlphaScriptの詳しい使い方を解説しています。
応用編は1つの作品を少しずつ作っていく形になっています。

 

基礎編 〜まずはここから〜

STEP 0 開発準備

まずは準備からです。

STEP 1 開発の流れ

タイトルの通り。

STEP 2 ソースの基本

ソースコードの基礎知識。

STEP 3 コメント

意外と使えます。

STEP 4 数値

これがないと始まらない。

STEP 5 変数

これもないと意味がない。

STEP 6 演算子

四則演算など。

STEP 7 ラベルとジャンプ

スクリプトの流れを変えます。

STEP 8 配列

まとめて処理したいときはコレ。

STEP 9 文字列

つまり、文字の列です。

STEP 10 関数

いろんなことが起こります。

STEP 11 条件分岐

分かれ道を作れます。

STEP 12 スコープ

有効範囲とも言うかも。

STEP 13 マクロ

単純だけど超便利。

STEP 14 処理ブロックなど

アニメーションの基礎知識。

STEP 15 パラメータ

設定を変えられます。

関数リスト 〜その1〜

用意されている関数の一覧。
(主にシステムや計算処理)

関数リスト 〜その2〜

用意されている関数の一覧。
(主に描画処理やリソース)

関数リスト 〜その3〜

用意されている関数の一覧。
(3D描画機能のすべて)

補足: 実行環境関連

実行環境様の都合もあり。。

 

応用編 〜ミニゲーム制作〜

LEVEL 1 はじまりのスタート

ゲームにはキャラクターが不可欠。 そこで、あらかじめ用意した画像を読み込んで表示してみます。

LEVEL 2 歩き出したひよこ

処理を行うコマ数や、オブジェクトの移動スピードは、もっと直感的に指定できるのです。

LEVEL 3 ボタン1つで何かが動く

ついにキーボード入力の登場です! ゲーム制作の世界への第一歩がここにあります。

LEVEL 4 敵と味方の最強コンビ

障害物がなければゲームにならないです。 というわけで、「敵」を作ってみましょう。

LEVEL 5 文字を表示してみますが何か?

スクリプトの中に文字列を埋め込む方法がわかれば、メッセージの表示もお手のもの。

LEVEL 6 ひよこ改造計画 Part1

もっとゲームらしくなるように改造していきます。 遊べなければ意味がありませんから。

LEVEL 7 ひよこ改造計画 Part2

グラフィックを強化して、さらに完成度を高めます。 おまけにサウンドも付けてみますよ〜。

LEVEL 8 世界に向けて発信

作品として外部に公開できるように整えたら、ついに完成!

 

トップページに戻る

Copyright (c) Rabit 2005-2009 all rights reserved.