AREA 021
Featuring AlphaScript

AlphaScriptとは?



AlphaScript(アルファスクリプト)は、Webブラウザで動作する「Javaアプレット」を利用した簡易プログラミングツールです。  「Web上の楽しいアニメーションを、もっと手軽に作れたら・・・」 そう思って開発してみました。  ”α” はギリシア文字の最初の文字なので、「初心者向け」のような意味が込められている・・・のかもしれません。(^^;


★ 次のようなときにオススメです ★

・ プログラミングをやってみたいけど、お金がかかりそうだし、準備するのも面倒・・・。
・ ホームページを作ったけど、文章ばかりでイマイチなので、何か動くモノがほしい・・・。


AlphaScriptを使えば、面倒な準備も 「プログラミングをやるぞ!」 という意気込みもいらず(もちろん、あったほうがよいですが)、 短期間で”動くコンテンツ”を作ることができます。  普通のアニメーションだけでなく、ゲームやネットワークと連携したプログラムも作れます。  さらに、工夫次第でちょっとしたツールも実現できるかも??  とりあえず、おもな特長を以下にまとめてみました。


すぐにできる!

通常、アニメーションをプログラミングをするとなると、JavaやFlashなどを開発するためのツールを用意しなければなりませんが、 AlphaScriptは単体で動作するプログラムになっていますので、面倒な準備は一切不要です。  OSに付属しているテキストエディタとJavaが動作するブラウザさえあれば、すぐにはじめることができます。

無料でできる!

AlphaScriptはフリーソフトですので、ご自由にダウンロードしてご使用いただけます。  また、使い方も当サイトで一から解説していますので、マニュアル代なんてものもいらないです。  やってみても失うものはないので、つまらなかったらそこでやめればよいだけの話なのです。

簡単にできる!

アニメーションを作るのにはそのための仕組みが必要ですが、 AlphaScriptにはそれがはじめから組み込まれていますので、あっという間にできあがります。  また、プログラムを実行可能なファイルに変換する「コンパイル」という作業もいらず、 書いたスクリプトをその場で動かして確認できるため、初心者の方でも簡単に作れるようになっています。  さらに、通常Javaアプレットでは表現しにくい半透明描画や画像の拡大などもコマンド1つでらくらく実現できます。  さらにさらに、一度は触ってみたい3Dグラフィック機能も搭載しました。

使い方の解説でも、難しい専門用語は一切登場しません。  その気になれば、短期間で全ての機能をマスターすることもできるでしょう。  これがCやJavaなら、少なくとも私には不可能です。(笑

自慢できる!

最初に述べました通り、AlphaScriptはJavaアプレットにより動作するため、ブラウザ上で手軽に再生できます。  つまり、Webサイトをお持ちの方なら、自分のページに設置して訪問者に楽しんでもらう、ということができるのです。  最近のWeb上の動的コンテンツといえば、JavaScriptが主流(再生環境の普及率から、未だにFlashも人気)なので、 Javaアプレットというだけで、逆にちょっと新鮮に感じてもらえるかもしれません。

経験できる!

AlphaScriptはWebブラウザ用のプログラムということもあり、非常にシンプルな文法で構成された言語です。  それでも基本的な部分はCやJavaに近づけてありますから、これから本格的にプログラミングをやろうと思っている方には入門用として最適です。

通常のプログラミングを、何もせずにいきなりはじめるのと、 AlphaScriptで一度作品を作り上げてからはじめるのとでは、理解度がずいぶん違ってくると思います。  (言い換えると、AlphaScript程度の言語も理解できないようなら本物のプログラミングなど無理です)

こんなところです。 せっかくここまで読んでいただいたのですから、ぜひ触ってみてください。  Javaは「クロスプラットフォーム仕様」ですので、OSを問わずに動かせます。  ただし、ご使用の環境にJavaが設定されていない可能性がありますのでこちらでテストしてください。  もし画面が表示されなかったり、うまく動かなかった場合はこちらをご覧ください。  ( 2013.07.07 追記。 最近のブラウザでは、Javaアプレット実行前に警告が表示されることがあります。 AlphaScript は安全なプログラムなので、画面を右クリックすると表示されるメニュー等で実行を許可してください。 許可の方法がわからない時は、検索で調べてみてください)  ( 2015.05.02 追記。 いよいよ、Javaアプレットの実行自体が難しくなってしまいました^^;  AlphaScript は Java8 ではなく Java7 がインストールされていないと実行できないかもしれません。 また、Javaアプレットでできることは JavaScript でほぼ実現できますので、今はそちらを勉強しましょう!)

逆に、明らかな問題点としては、今のところJavaアプレットを利用したプログラムしか用意できないことでしょうか。  というのは、現在ではJavaアプレットはWeb上の動的コンテンツとして使うのに不向きとされているからです。(一言で言えば”時代遅れ”)  その理由は「初回起動時の待ち時間が長い」など、いくつかあるのですが、Javaアプレットが主流という時代があったのも事実です。  最適な手段ではないというだけで、今でもブラウザでちゃんと動きますので、少なくとも学習用には問題ないはずです。


「どんなことができるのかよくわからないから、ピンと来ない!」
そんな方は展示コーナーに行ってみてください。
AlphaScriptで作られた作品を見ることができます。



トップページに戻る

Copyright (c) Rabit 2005-2012 all rights reserved.