AREA 021
Featuring AlphaScript

LEVEL 7 ひよこ改造計画 Part2

 

前ステップの改造で、ゲームとしての完成度が大幅に上がったと思います。  でもでも、パワーアップできる所はまだまだあります。  今回は主に「見た目」や「プレイ中の感覚」に関して、3つの要素を追加します。


拝啓、背景さま

まずは、背景を画像にしてみます。  これをやっただけでかなり印象が変わります。  何しろ、今までのは単色(しかも黒)で塗りつぶしただけでしたから。。 

使用する画像ですが、これはあえて素材集の中に含めませんでした。  こういう外部のリソースは、自分で作ったり、どこかから借りてきたりすることもできますので。  これが自由に選べる楽しみというものです。  ただ、画像なら何でもよいというわけではないですよ〜。  なるべく、ゲームの内容を意識して似合ったものにすべきです。  (例えば、背景が東京ドームの写真だったら「こんな場所にひよこはいない!」とツッコまれるかもしれません。  マスコットキャラクターがひよこの球団があれば話は別ですが)

あと、画像の大きさにも注意です。  画面いっぱいのものを用意すれば見栄えはよいですが、容量が大きいので読み込みに時間がかかってしまいます。  特にWebに公開することを想定している場合、これはまずいですね。  なので、小さいサイズの画像をn倍に拡大して表示させることをおすすめします。  ただし、あまり小さすぎると、今度は拡大することで荒いモザイク状になってしまいます。(^^;  (まあ、これはこれでなかなかいい味を出してくれるかもしれませんが)

ここでは、かな〜り適当に用意した画像(ただのグラデーション)を使います。  よいクリエイターの皆さんはマネしないように。  でも、自分で動かしてみたいけど用意するのが面倒な人は下の画像を保存して使ってください。


背景として使う画像


画面遷移(せんい)

次に、大抵のゲームにはあると思われる、タイトル画面とゲームオーバー画面を追加してみます。  タイトル画面とゲームオーバー画面は、単に大きめの文字で「ひよこジャンプ!」「げ〜むお〜ば〜」と描画するだけです。  しかも両方とも同じフォントを使ってます。  またまた手抜き!?・・・では、ゲームオーバー画面にハイスコアでも表示しておきますかね。^^;

これらの文字列は、全体の幅を取得し、描画位置が画面中央になるように調整しています。 (本当は描画文字列の基準点を指定できるようになっているのですが、 これは手軽さを重視する AlphaScript 特有の機能なので、 プログラミングらしくするため敢えてこうしておきます)

日本語を描画するので、タイトル用のフォントには使用文字リストを指定しています。  文字リストは、単純に使用する文字を並べて書けば良いですが、 描画する文字列をくっつけて一覧にするほうが合理的だと思われます。  ただ、ここでは文字数が少ないので、普通に書いてしまいました。

あと、モードの切り替えは「ラベル番号」を使って合理的に行うように変更してあります。  これにより、毎フレーム「今タイトル画面ですか?ゲームオーバー画面ですか?」とかしなくて良いようにしています。  もしラベル番号を使わなかったらどうなるか想像してみると、その利点がよくわかるかと思います。


サウンドすなわち音

最後は、お待ちかね(かな?)、「サウンド」の挿入です。  音として鳴らせるのは au形式 のサウンドファイルのみです。  auファイルは、普段はあまり使われないマイナーな形式で、残念ながらあまり音質がよくありません。(^^;;  ただ、その分コンパクトですし、音にそれほどこだわらなければ問題ないでしょう・・・ね。

形式が形式なだけに、用意するのに結構手間がかかりそうなので、 素材集の中にサンプルとして sound.au を付属しておきました。  これを効果音として鳴らしてみます。 

さて、これは何が起こったときに鳴る音なのでしょうか?  ひよこが着地したときに鳴らす、というのも候補ですが、 これだと鳴る回数がやたら多くなってしまいそうですし、 聴いてみるとどう考えてもそういう音じゃないですね。 

これは、回数が控えめな「ミスしたとき」に鳴らすことにします。 (この音って、そんな感じがしません?)  もう1つある sound2.au はどう考えても失敗したときの音ではないです。  こちらはまた別の機会にでも。


次の課題?

そして、スクリプトを書いてみたら こんな感じになりました〜。

ゲームルールも改良され、見た目もよくなりましたので、もう完成といってもよい感じです。(と思うのは作者だけ!?)  いや、これで完成です!(強引)  ついにオリジナルゲームができあがりました〜。  ・・・あれ、でもまだ1ステップ残ってますよ〜?? 

残るは、「人に見せられる形にする」という作業です。(実際にどこかに公開するわけではなくても)  今はまだスクリプトを作って動かしてみただけですからね。  プログラミング学習という観点ではそれほど重要でもないのですが、一応そこまでやってからひよこ卒業ということにしましょう。  というわけで、あと一息!

 

ページ一覧に戻る  次のレベルへ!

Copyright (c) Rabit 2005-2012 all rights reserved.